中学入試の算数が分からない子の教え方 点の移動の話②


前回の投稿を見て、

「こんなことしなくても分かるよ。イチイチまだるっこしいな。」

と思った人は、数学の素質のある人です。以下は読まなくていいです。

でも、「点の移動?あれ無理!」とか「算数はキライ!」

とか思っている人もしくはそういう人が身近にいる人は読んで下さい。

算数(数学も)が得意な人と苦手な人の差というのは歴然とあります。

平たく言えば「素質・才能」があるかないかです。

ただ、長年(もう12年になります)色々なお子さんを指導してきて感じることがあります。

それは「抽象的な思考ができるかできないか?」の差です。

そして、これはこう言い換えることもできます。

「抽象的な情報を与えられた時に、具体的なイメージとして捉えなおすことができるか?」です。

比、割合、面積図、旅人算、点の移動その他色々ありますが、

突き詰めれば「イメージできているかいないかの違い」です。

長くなったので続きはまた次回書きます。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です