合格体験記 修道中学合格 W Iくん


広島の横川で中学受験と大学受験を専門に個性的な個別指導塾をしています、浜崎アカデミーです。

合格した方が合格体験記をかいてくれましたので掲載します。

 

 

「修道合格までの道のりは本当に長く、何度あきらめようと想ったことかわからないくらいです。
男の子は後半からの追い上げがすごいと聞いていましたが、受験まであと2か月になってもなかなか本気にならない我が子に毎日イライラするばかりでした。
私も仕事をしていたため、横で付いて勉強をみてあげることもできず、今振り返るともっと一緒にやってあげていたらよかったのにと思うこともあります。
どうしても修道にいきたいと想う気持ちが人一倍強かった我が子の為に5年のときから、修道のあらゆるイベントには参加し、何度修道に足を運んだかわかりません。
我が子が正門の修道の文字を合格しますようにと言いながらなぞっていたのを思い出します。
本気になったのは12月入ってからです。
もう遅いと思いながらも何度も励まし続けました。
冬休みに入ってからの集中力はすごいと思いました。
私は勉強がスムーズにできるように環境を整えてあげて、毎日体調管理に細心の注意を払い、入試まで何もなくこれたことに感謝しています。
我が子の成績は12月の初めの模試では修道合格率は50パーセントでした。
心配している私に10人中5人は合格するんでしょと呑気に言うマイペースでポジティブな我が子。
でもそれがよかったのだと思います。
最後の2週間は確認作業に徹しました。できたという自信を持たせました。あとは苦手単元をどこまでやり切るかです。
うちは理科の水よう液が苦手だったので、ひたすら水よう液の基本問題を解いてました。
基本問題をやり倒すくらいやりました。
国語は入試問題をやりこみました。
学院 修道の過去問は10年分はやりました。
6年の夏前までは国語が苦手でしたが、問題をやりこむことで得点アップにつながり、いつの間にか得意科目になってました。
算数はとにかくミスをなくす、できる問題は確実にするということを心がけました。
入試直前は学校を休むか迷いましたが、本人の希望もあり、濱崎先生に午前中からみていただき、本当に感謝しています。
修道入試前日にはCT対策もしていただき、当日は自信を持って受けれたようです。
修道入試の後、自信満々で出てきた我が子に本当に合格しててほしいと思いました。
本人も絶対に合格してると言い切るくらいできがよかったみたいです。
本当に驚きました。
何度も訪れていた修道でしたが、当日はかなり緊張はしていたようです。
試験始まる前の儀式と言いますか、瞑目し心を落ち着かせ、手をぶらぶらさせ、グーとパーをくり返しやることを言いました。
緊張がほぐれ、集中してやれたと言っていました。
試験始まる前に読んでと手紙を渡して、それも心が落ち着いたそうです。
我が子くらいマイペースで、最後の最後に力を出しきった子は他にいないと思います。
本当に最後まであきらめずにやってよかったです。
濱崎先生、泉先生、竹田先生ご指導ありがとうございました。
心から感謝申し上げます。」(原文ママ)

 

と、ここまで書いてもらって、塾のことがあまり書いてなかったので塾のことも書いてもらいました。

以下

「我が子ははまさきアカデミーをとても気に入っていました。授業がない日も自習をしに行っていました。特に学院の生徒さんには感化されて、とても集中して自習ができたようです。
泉先生にはたくさんみていただき、的確なアドバイスによりやる気もアップしました。
自分で考えて勉強スケジュールを立てて、泉先生にも相談していました。
中学受験を経験された泉先生だからこそのアドバイスもたくさんあり参考にさせていただきました。
私達親子には最強のアドバイザーであったはまさきアカデミーにこれからもお世話になります。
引き続きよろしくお願いいたします。」(原文ママ)

おめでとうございます。

先生目線の体験記を後日書きますね。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です