学習塾がRIZAPをパクる!?


学習塾がRIZAPをパクる!?と言う話。

うちの塾でやってるライングループを利用した勉強の管理について、先日紹介しました。

詳しくはこちら↓
https://wp.me/p9QZKP-mg

この仕組みの原形は3年くらい前に思いついてました。

これは実はあのダイエットで有名なライザップにヒントを得てます。
もっと言うとパクってます。

いきなりで驚くと思うので、ちょっと要素に分けて分析します。

「勉強見守りサービス」の成功要因

・先生に報告しないといけないのでサボると分かる→サボらず勉強する
・一人で勉強するのに比べて、報告して先生に見られる(時々先生からコメントで褒められたり、指摘されたりする)ので、孤独感がない。フィードバックがある分、やる気が出て続けられる。
・そこまでの日々の努力が記録に残るので、後から振り返って自分の積み上げた努力の量が分かる。
・通常の塾だと「来週までの宿題」として出すので期間が1週間ある→5日サボって最後の2日でつじつまをあわせる、のに対して、3日に1回報告だとサボれない。
・自分一人だと「まあまあ頑張ってるなぁ」と甘く評価してしまうが、同じグループの他の人の勉強量も見れるので、もっと勉強してる人の報告見て「自分ヤバい!もっとやらないと!」と自然と追い込まれる。

 

RIZAPの成功要因

今度はRIZAPですが、僕が考える彼らのサービスの本質は「コミュニケーションによる食事管理」だと思っています。

週に2回、筋力トレーニングするそうですが、トレーニングだけだと人は痩せません。
結局は食事を管理することです。
あの糖質を徹底して排除するやり方はどうかと思いますが、実行できれば結果は出ますね。

どういう食事をするべきかを教わった後で、毎回の食事の内容をトレーナーにメールで報告するそうです。
それに関して、間違っていればトレーナーから指摘が来るし、良かったら褒めてもらえます。
それで苦しくても続けられて、会員は痩せるみたいです。

まとめてみましょう。

・トレーナーに報告しないといけないのでサボると分かる→サボらず食事制限する
・一人で食事管理するのに比べて、報告してトレーナーに見られる(トレーナーからコメントで褒められたり、指摘されたりする)ので、孤独感がない。フィードバックがある分、やる気が出て続けられる。
・そこまでの日々の努力が記録に残るので、後から振り返って自分の積み上げた努力の量が分かる。
・数十万する高額の料金を払っているので、「痩せるしかない!」とプレッシャーを感じる。

 

共通する要因=見てる人がいる大事さ

似てるでしょ?
RIZAPの糖質制限というやり方は、一昔前だったら斬新なアイデアです。
でも、情報がありふれた時代にはそこまで特殊な考えではないです。

ただ、ダイエットというのは地道な制限を日々積み重ねることです。
理屈では分かります。
そして、多くの人が「痩せるぞ!」とダイエットを志します。
でも、人間の意志力はそんなに強くないです。
ついつい、「一口だけ」と唐揚げ食べてしまったり、「今日だけいいか♪」とラーメン食べてしまったり、言い訳しながら誘惑に負けてしまいます。
当然、「痩せる」と言う結果が出ないし、言い訳してサボる癖がついてしまい、段々とサボりがちになりダイエットに失敗します。

でも、それをチェックする「見てる人」がいるだけで違うんです。
ラーメン食べたいと思っても、後で報告して怒られることを想像するから手がとまるし、糖質を制限した食事をすれば褒められるから次も頑張ろうと思います。

実は、僕も4月からダイエットをしてます。
偶然知り合ったパーソナルトレーナーに指導を受けてます。
食べるべき食事のメニューを教えてもらって、食べたものを報告してチェックしてもらってます。
やっぱり、この「トレーナーが見てる」という意識が大事ですね。頑張れます。
おかげさまで会う人会う人に「やせたね!」と言われる毎日です。

と、言うことでRIZAPから頂いたヒントは

やるべき「正しいこと」は分かってる。
人は誘惑に負けてしまう意思の弱さがある。
持続するには「見守る人の目線」が必要だ。

と、言うことです。

これは勉強にも転用できるなぁと思って、ラインで勉強の報告を先生にするサービスを始めたわけです。