算数の苦手な人のために仕事算の考え方②


なかなか、連日の投稿とはいきませんね。

続きです。

こういう時に模範解説だと。

「全体の仕事量を1とします。18日で終わるので、一日分の仕事量は1/18ですね。」と説明します。

ごめんなさい。数式の入力ができないので画像で語ります。

 

基本的に、算数の苦手な子は分数が苦手です。

「ああ、18日だから1/18ね。了解!」って考えられる人は算数のできる人です。

だから、こう考えましょう。

あなたは、今から何日かかけて強大な壁を塗ります。

試しにやってみたら、18日かかりました。

と、いうことは壁を3×6に分割した一つ分を一日に塗ったことになります。

つまり、あなたは一日に壁を18等分したうちの1区画を塗っています。

だから、あなたの一日の仕事量は壁全体の1/18です。

 

どうでしょう?イメージ沸きましたか?

私の算数の教え方はたとえ話が多いです。

こうやって、イメージを具体化させます。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です